目尻切開についての不安を払しょくします

目尻切開とは美容整形の一種として行われる事の多いもので、その名の通りに目尻を切開するというものになります。この施術は例えば逆さまつげによる目の痛みを軽減したい人等が受けるのですが、中でも多いのが目を大きくしたいという人です。 一般的に目を大きくする場合には二重手術等を受ける事が多いのですが、これは上まぶたの被さりが深いと上手くいかない事があります。そこで目尻を切開する事で上まぶたの被さり具合を軽減して、効果的に目を大きくする事が出来るのです。ちなみに目尻のみならず目頭の切開も合わせて行う事で、人によっては更に高い効果を期待する事が可能となっています。 目というものは顔のパーツの中でも強い印象を残す部分になるので、目が細かったり小さかったりすると良くない印象を与える事もあります。そこでこの施術を受ける事により目を大きくして、人に与える印象を良いものにする事も可能となっています。

具体的な施術方法の内容等について

 次に具体的な施術方法の内容についてですが、これはまず最初に部分的に麻酔をかけて施術時の痛みをなくす事から始まります。麻酔が充分に効いてきたところで、目尻で隠れている白目部分の端までメス等を使って切開します。次に切開した部分の上下に存在している組織の切除を行い、目尻の上下まぶたの表と裏を縫い合わせて完了となります。 こうした施術方法が基本となるのですが、それぞれの人の目の特徴によって施術による効果に違いが出る事があります。上記したように切開を行う長さは目尻に隠されている白目の端までなので、この隠れている部分が少ない人は効果が少なくなりやすいのです。そのため最初の診察の段階で医師にきちんと確認をした上で、施術を受けるか否かを決めたほうが失敗が少ないと言えます。

目尻切開で不安に思う点について等

 最後に目尻切開に対して不安に思う点についてですが、これは複数あり代表的なものとして期待する効果が得られるか等が挙げられます。この点は前述したように隠れている白目の範囲で異なるので、信頼出来るクリニックで確認をする事が大切です。 それ以外にも施術後の傷跡や腫れについて、いつまでも消えないのではという不安を感じている人も少なくないです。これについては腫れは数日程度で引いてきますし、傷跡についても半年程度で目立たなくなるので過度に心配する必要はないとされています。もしもこれ以上の期間に渡って傷跡の目立ちや腫れが続く場合には、クリニックに相談すればきちんと対処してくれます。 また両方の目で施術を受けた場合に、目の全体のバランスが崩れる事を不安に思うという人もいます。この点に関しては施術後にだんだんと馴染んでくるので、施術後3ヶ月程度は様子を見るのが賢明だと言われています。

歯が小さいせいでガミースマイルにお悩みの方でも施術が可能です。 機能性と美しさを求めた顔の骨格形成で、正しくバランスのとれた顔面骨格と調和のとれた歯列の矯正を。 自然で美しい理想の小顔は生体機能と美容的側面を両立させた骨格が重要です。 営業時間は10:00~19:00です。 20代~50代の女性、男性のお客様がよくいらっしゃいます。 目尻切開のご相談は【マックスファクス銀座クリニック】